« おかげ様でアクセス数5000件突破!! | トップページ | 多摩湖線日記1 »

2007年9月 4日 (火)

秩父鉄道の1000系旧国鉄色臨時急行に乗る

*この記事は、「秩父に国電!!」の記事を編集したものです。

 この前の記事、「秩父鉄道1000系が国電色に!!」にも書いたとおり、9月1日・2日に秩父鉄道1000系旧国鉄色(オレンジバーミリオン)を使用した臨時急行が運転されたので、9月2日に乗ってきました。

 この日は、久しぶりに所沢から特急に乗車。その20分前に出発する快速急行に乗っても秩父鉄道の接続列車は同じでしたけれど、なんか特急に乗りたくなってしまった(というとり、秩父鉄道ではずっとロングロングだから)ので、特急ちちぶ5号で行きました。

 特急にのって、終点西武秩父に到着。3番ホームには快速急行に使われた101系が停車していました。まだ準備中のク○仲見世通りを通って、御花畑駅へ。ここで秩父路遊々フリー切符を購入。9時16分羽生行は1000系に襲われました。ちなみに1005F。冷房車のクハに乗ったのですが、冷房は入っていませんでした。まあ、そのおかげで扇風機が回っていなくJNRマークが撮れたので良かったです。すでに車内には怪しい人がいました。

 約1時間近くで終点熊谷に到着。ホームにはそれらしき人がいたのでみんなきっと乗るのでしょう。オレンジバーミリオン1000系が側線にいたので、外の駐車場から撮影することにしました。

P1000208

↑お目当てのオレンジバーミリオン1000系現る!!

 ホームに戻ると予想外に人は少なかったです。そして、臨時急行影森行き入線!!入線すると、すぐにドアが開いてクハの車端部シートを取ろうとしたら優先席だったので、非冷房デハの車端部シートを確保しました。しかし、乗客は少なく空席が目立ちました。3000系引退の時はあれほど人がいっぱいだったのにねぇ。

P1000220

 

↑1000系旧国鉄色の臨時急行影森行き

 空席が目立つまま熊谷を発車。窓を開けていると気持ちよかったです。非冷房車もいいですね。そして、終点影森に到着。ここで入れ替え作業があったので撮影。すると、黒谷で貨物用側線を使って追い越した5002Fの三峰口行きが到着。快適な5000系のシートを堪能してすぐに終点三峰口に到着しました。

 三峰口駅に来た理由は昼食を摂る為。駅を出てすぐ左の秩父そばで昼食。運が良いことに私でそば・うどんが終わってしまいました。食べ終わって折り返し13時29分発羽生行きに乗車。またもや1000系。さっきの5000系は同らや入れ替えをしてお昼寝中なのでしょう。

 影森について、急行券を購入後入れ替えをしたまたもや1000系オレンジバーミリオン臨時急行熊谷行きに乗車。この駅で留置中の西武4000系と並ぶことが出来ました。

P1000246

↑国鉄色VSライオンズカラー実現!!

 往路と同じように空席が目立ちながらも、熊谷到着時点では結構埋まっていました。そして熊谷15時5分発三峰口行きに乗って、西武線経由で帰りました。

 今回は1000系の貴重な急行運用に乗れてよかったと思います。広瀬川原にはまだイエローやブルーの1000系は姿を現していなかったのですが、楽しみです。今回は特にヘッドマークは付いていなかったので、ヘッドマークを是非付けてほしかったです。鉄道の日か県民の日にでも付けるのでしょうか??

|

« おかげ様でアクセス数5000件突破!! | トップページ | 多摩湖線日記1 »

コメント

いいな~。私も行きたかった!!

投稿: (株)エンケチ | 2007年9月 2日 (日) 17時19分

国鉄色か・・・だったら3000系残しておけば・・・

ところで、トップの201は?なにかあったの?

投稿: MOGUPON | 2007年9月 3日 (月) 21時58分

(株)エンケチ様・MOGUPON様コメントありがとうございます。
>(株)エンケチ様
 今回は駄目でしたか。今年は日曜日なので鉄道の日にでも行きましょうか?

>MOGUPON様
 おっしゃるとおり3000系を残しておいて、湘南色に塗り替えて運転してほしかったですね。でも相当老朽化が進んでいたようでしたのであの時期に廃車しなければならなかったのでしょう。
 タイトルバーナーの201は特に意味がありませんが、たまたま幕回転中に川越の表示が出たので貼ってみました。

 これからもよろしくお願いします。

投稿: ロボペン@管理人 | 2007年9月 4日 (火) 10時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道の1000系旧国鉄色臨時急行に乗る:

« おかげ様でアクセス数5000件突破!! | トップページ | 多摩湖線日記1 »