« 西武38101F甲種輸送を撮影 | トップページ | 代替車両のフジサン特急 »

2008年2月 3日 (日)

多摩湖線日記15~1月31日篇~

 1月31日をもって、225Fが営業運転を終了しました。その最終日は朝に一橋シャトルに入ってその後、国分寺⇔萩山を1往復して玉川上水に入庫する運用でした。ちょうど朝の一橋シャトルを撮ることが可能だったため少しだけ撮りました。

 まずは国分寺から。萩山7時発6418列車の入線シーンを撮影。これは折り返し国分寺7時11分発一橋学園行き6851列車となります。しかし、国分寺には最終日とあってすでに大勢のファンが!!私もその中に入れてもらい、撮影しました。しかし、方向幕は国分寺←→一橋学園で来ることを期待していたのに国分寺←→萩山のままでした。

P1050387

↑国分寺に入線する225F

 その後、6851列車に乗り込み一橋学園へ。一番後ろの”特等席”が空いていたので、着席。運転台などを撮りました。

 一橋学園に到着。ここで、まずは一橋学園7時19分発6852列車の出発を撮影。何故か運転士はヘッドライトを点けませんでした。

P1050427

↑一橋学園を発車した225F

 そして、ウインクの萩山行きと国分寺行きが発車して言った後に国分寺7時26分発6853列車225Fが到着。毎度おなじみの一橋学園の構内踏切から撮影。

P1050446

↑国分寺方構内踏切りから撮れる下りは一橋シャトルだけ

 最後にクハ1226側からも撮影。

P1050458

↑クハ1226側から

 そして、225Fは7時34分ゆっくりと発車して行きました。その後、同編成は予定通り6433列車をもって営業運転を終了したそうです。32年間お疲れ様でした。

 さて、今回の記事をもって多摩湖線日記は一旦休止となります。有難うございました。225Fの代替車が運行を開始した時などに再開したいと思います。

|

« 西武38101F甲種輸送を撮影 | トップページ | 代替車両のフジサン特急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩湖線日記15~1月31日篇~:

« 西武38101F甲種輸送を撮影 | トップページ | 代替車両のフジサン特急 »