« ツートンになって営業運転を再開した西武261F | トップページ | 緑の疾風は健在!!200系K47編成 »

2009年4月 3日 (金)

何かが違う?E3系量産先行車R1編成

 今日は何だかJR東日本の新幹線の車両が無性に見たくなったので(本当は別の目的があったのですが・・・)、大宮駅で入場券を買って12時45分過ぎからおよそ2時間ほどホームで新幹線を観察していました。普段は新幹線大宮駅は中々じっくりと見る機会がなかったので良い機会になりました。

 15番・16番ホームの下り方で観察していると17番ホームに「なすの257号」が入線。こまちタイプ連結の15両編成でしたが、何とE3系R1編成が先頭ではないか!!急いでカメラを取り出して撮影しました。

P1320440

↑E3系の量産先行車として誕生したR1編成

 このR1編成は秋田新幹線開業前の1995年に製造された車両で、他のE3系とはご覧のように前面の形状が異なっています。初めて見ましたが、あまり違和感ありませんでしたね。でも、やはり何だかライトが2点というのがダサいですね。

 今度は形状がはっきり分かるように先頭車部分をアップで撮影。

P1320448

↑独特な形状の前面

 この編成は車内も若干他の編成とは異なるようですが恐らく相当運がよくなければ乗れません。もちろん私もR1編成を撮ったのは今日が初めてです。

 そして、R1編成をつなげた「なすの257号」は郡山へ向け発車していきました。

*参考*

 他のE3系はこんな前面です。大宮にて

P1320431

 やはり、こちらの方がかっこいいですね。

|

« ツートンになって営業運転を再開した西武261F | トップページ | 緑の疾風は健在!!200系K47編成 »

コメント

15両となっておりますが、実際には16両ではないのでしょうか。

投稿: | 2012年9月30日 (日) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/291770/28949531

この記事へのトラックバック一覧です: 何かが違う?E3系量産先行車R1編成:

« ツートンになって営業運転を再開した西武261F | トップページ | 緑の疾風は健在!!200系K47編成 »