バス

2007年11月15日 (木)

三峰ロープウェイの現状

 昨日11月14日は埼玉県民の日。埼玉県には今月いっぱいで廃止される鉄道路線(理論上は)があります。それは三峰ロープウェイ。1939年の開業以来、1964年に搬器の大型化・路線架け替えを行うなど歴史のあるロープウェイでしたが、2006年5月19日に施設の老朽化のために休止。その後再開のめどが立たず今月11月30日で廃止されます。昨日はこのロープウェイの代替バスに乗ってきたので三峰ロープウェイの現状を書きたいと思います。

 今回は東武東上線経由で秩父鉄道入りしました。寄居でフリーきっぷ(絵柄はもちろんパレオ。裏にカナリアイエロー運行開始の広告がありました)を買って、寄居8時29分発の三峰口行きで三峰口へ。秩鉄オリジナルカラー1007Fでした。途中の野上で普通電車と、親鼻でデキ107と、そして秩父ではオレンジバーミリオン1011Fと交換!!武州中川でクソ地下鉄こと5000系と交換して三峰口へ。しかもぞろぞろと団体の登山客が西武観光バスのりばへやってきます。10時5分ごろ西武観光バス秩父湖行き到着。車両は本社のお古っぽいので、客がぞろぞろ乗り込んでいき、満員の状態で発車。途中ではメロディーバスの本領を発揮!!この区間は自由乗車・降車区間(停留所以外でも乗降できる区間)なのです。大輪を出ると左手にロープウェイ乗り場の廃墟?が見えてバスは山道を登っていき秩父湖に定刻より少し遅れて到着。隣には秩父鉄道観光バスの川又線車両が停車していました。

P1010441

↑秩父鉄道の路線バス川又線車両。かわいいですね。

続きを読む "三峰ロープウェイの現状"

| | コメント (0) | トラックバック (0)